Uncategorized

モッピーのポイント交換先を徹底攻略【現金・マイル・Tポイント】おすすめはどれ?

数多くあるポイントサイトやサービスの中で、モッピーが選ばれているのにはわけがあります。

それは、他社サービスよりもお得にポイントを交換できるからなんです。

ただし、集めたポイントをそのまま現金に交換するのでは、あまり意味がありません。

では、いったいどのようにして交換をするのがお得なのでしょうか。

あまりにもいろいろな交換先があって、いったいどれがお得になるのかわかりにくいですよね?

そこで、モッピーのポイントをよりお得に交換するための交換先の選び方など、ポイントアップのためのテクニックなどについてレクチャーしたいと思います。

 

モッピー(moppy)の交換までに知っておきたい豆知識

モッピーのポイントをより効率よく、よりお得にゲットしていくために、知っておいた方が良いことがいくつかあります。

まずは、そんなモッピーポイントの交換に関する豆知識から解説しますね。

 

モッピーは交換するものによって還元率が変わる

モッピーポイントを交換する方法や交換先にはいろいろなものがありますが、それぞれ方法や交換先によって還元先が変わってきます。

基本的には「1ポイント=1円」なのですが、JALマイレージバンクのように「2P→1マイル」など交換レートが異なる場合があるのです。

そのほかにも、交換時に手数料などがかかってくるところも多く、差し引きすると還元率が大きく異なってくる場合もあります。

 

ポイント交換までには時間がかかるものもある

ポイントの交換先によっては、申請から反映されるまでに時間がかかる場合もあります。

リアルタイムで反映されればスムーズで安心ですが、なかには5日~7日ほど反映まで日数がかかる交換先もあります。

特に急ぎでない場合は気にする必要がないかもしれませんが、複数の還元先を経由する予定がある場合などは、反映されるまでの日数も考慮して計画的にポイント交換を進めていく必要があります。

 

ポイント交換先はPC版とスマホ版で一部異なる

モッピーにはPC版とスマホ版がありますが、一部スマホ版にしか対応していない交換先があるため注意が必要です。

スマホ版限定の交換先はこちら

  • 楽天Edy
  • Vプリカ(発行元:ライフカード)
  • bitFlyer

モッピーのポイントを上記サービスのポイントなどに交換したい場合は、スマホから申し込む必要があります。

 

キャンペーンで交換率がUPしている交換先もある

ポイントの交換レートは、基本1ポイント1円には変わりないのですが、一部交換先ではキャンペーンなどで交換率がアップしていることもあります。

いつもの交換先よりもお得に交換できるチャンスとなる場合もあるため、必ずチェックするようにしましょう。

現在交換率がアップしている交換先一覧

交換先 通常レート キャンペーン
JALマイレージバンク 3P→1マイル 2P→1マイル
nanacoポイント 1P→1nanacoポイント 3%増量中
ドットマネー 1P→1マネー 1%増量中

※どのキャンペーンも期間限定での実施となるため、注意が必要です。

 

基本は1P=1円:モッピー(moppy)の交換先一覧

モッピーの返還レートは基本1ポイント1円です。

ただし、手数料がかかるなど、変換時にひかれるポイントなどもあるため、必ずしも等価での変換とは限りません。

それぞれ、わかりやすいよう変換方法ごとに一覧にまとめましたので、こちらでご確認ください。

銀行で現金に交換は手数料がかかる

銀行名 最低交換ポイント 手数料 交換までの日数
楽天銀行 300P 105P 5日以内
ゆうちょ銀行 300P 65P 7日以内
三井住友銀行 300P 30P 5日以内
みずほ銀行 300P 147P 5日以内
三菱東京UFJ銀行 300P 147P 5日以内
その他銀行・信用金庫 300P 147P 5日以内
ジャパンネット銀行 300P 54P 5日以内
PayPal 300P 無料 リアルタイム
GMOあおぞらネット銀行 300P 147P 5日以内
セブン銀行 500P 162P リアルタイム

銀行系の変換先で、唯一手数料がかからないのがPaypalです。

Paypalに変換する場合は、通常5日~7日ほどかかる日数も即時反映されるのでとても便利です。

もし、即現金化されたいという方で、Paypalの口座をお持ちでない場合は、モッピー経由で登録しておくとポイントももらえるので、登録しておくと良いでしょう。

 

ギフト券へ交換は手数料がかからない

ギフト券名 最低交換ポイント 手数料 反映時間
iTunesギフトコード 500P 無料 リアルタイム
Amazonギフト券 500P 無料 リアルタイム
Google Play ギフトコード 500P 無料 リアルタイム
Gポイントギフト 300P 無料 リアルタイム
ふわっちギフトコード 300P 無料 リアルタイム
一休.com 5,000P 無料 リアルタイム
サーティワン アイスクリーム 390P 無料 リアルタイム
サンマルクカフェ 500P 無料 リアルタイム
上島珈琲店 500P 無料 リアルタイム

各種ギフト券へと変換する場合は、手数料もかからずリアルタイムで反映されるのが魅力です。

普段から利用するサービスを選んで変換するのも良いですし、その先へ変換するための経由先として利用するのも良いですね。

 

電子マネーに交換

電子マネー名 最低交換ポイント 手数料 反映時間
Webmoney 500P 無料 リアルタイム
WAONポイント 500P 無料 リアルタイム
nanacoポイント 500P 無料 3日以内
LINE ポイント 330P 30P~ 5日以内
Tポイント 500P 無料 リアルタイム
楽天スーパーポイント 500P 無料 1~2日
dポイント 500P 無料 リアルタイム

この中で、最低交換ポイント数が少なく、交換までのハードルが低いのがLINEポイントです。

ただし、ほかの電子マネーは手数料が無料なのに対して、LINEポイントは30Pからの手数料がかかるため注意が必要です。

最近は、電子マネーが使えるコンビニなども多くなってきており、これからますます利用先が増えてくる可能性もあるので、いくつか変換先候補として用意しておくのも良いかもしれませんね。

 

他社のポイントに交換

電子マネー名 最低交換ポイント 手数料 反映時間
ポイント交換のPeX 500P 無料 1~2日
ドットマネー 500P 無料 リアルタイム

現金や電子マネー以外に、他社のポイントに交換することも可能です。

利用するメリットはあまりありませんが、複数ポイントサイトを利用されているなどの場合で、同じポイントサイトにポイントを集約したいという方は、こうした方法を利用されることもあるかもしれませんね。

特にドットマネーなどは、1%増量キャンペーン中なので、お得にポイント変換できそうです。

 

スマホ限定の交換先

モッピーのスマホ限定交換先

スマホからの交換手筒期なら、楽天Edy、Vプリカ、bitFlyerなどの電子マネーやビットコインなどに変換することも可能です。

Bitflyer以外は交換手数料がかかってしまうため、お得…というわけにはいきませんが、普段からリオうしている電子マネーなどであれば、手間なくすぐに使えるのでこちらも便利ですね。

 

モッピー(moppy)は現金に交換すると損するかも

モッピーのポイントをそのまま銀行口座に振り込んでもらえると、即現金として使えて便利です。

ですが、そのまま銀行口座などに入金してもらうと交換手数料も引かれてしまうため、結果として損をすることになってしまいます。

そこで、損をせずによりお得にポイントアップできるような交換先やテクニックをいくつかご紹介したいと思います。

 

Tポイントに交換してウェル活動する

お住まいの地域に「 ウエルシア薬局」や「ハックドラッグ」がある場合は、ポイントの価値が1円以上にアップするウエル活動がおすすめです。

方法は、モッピーポイントをTポイントに変換し、毎月20日の「お客様感謝デー」にウエルシア薬局でお買い物をする際の支払いにTポイントを使うだけ。

なんと!1円相当のTポイントで、1.5円分のお買い物ができてしまうんです。

いまいちピンとこないという方もいるかもしれませんが、単純にポイントが1.5倍の価値になるため、10,000ポイントを使って15,000円分のお買い物ができる計算になります。

この場合だと5,000円分お得になるということです!

ただし、ウェルシア薬局がない地域ではこのお得な方法は使えない点と、1.5倍にできる日が毎月20日の1日のみに限定されてしまうといった問題もあります。

 

Tポイントで投資して資産を構築(ネオモバイル証券)

Tポイントを株に変えることができるネオモバイル証券を使う

投資に興味がある方は、ネオモバイル証券で投資をして増やすというのもありかもしれません。

株取引というと、株を購入するために数十万円などある程度まとまった資金が必要となりますが、ネオモバイル証券の場合は多額の現金は不要。

現金を使わずTポイントを利用して1株から購入できるほか、1株当たり500円以下の株もあり、小額からの投資ができるが魅力です。

ネオモバイル証券で株を購入するための変換ルートは、「モッピー」→「Tポイント」となります。

 

マイルへの変換(LINEポイントの利用)

普段から旅行をされる方や、お買い物などでマイルをためている人などは、ポイントをマイルに集約させるのもおすすめです。

モッピーからはJALマイレージポイントに直接変換できますが、複数のサービスを経由させてANAマイルに変換させた方がよりお得です。

変換ルートは以下の通り。

「モッピー」→「Gポイント(等価)」→「LINEポイントへ(実質100%)」→「メトロポイント(90%)」→「ANAマイル(90%)」

最終的には交換率81%の交換率となりますが、1マイルあたり2円?5円の価値として利用できるため、かなりお得に変換できるというわけです。

モッピーから直接LINEポイントへと変換することも可能なのですが、それだと変換手数料がかかってしまうため、変換手数料無料のGポイントを間に経由したほうが賢くお得に変換できます。

この変換ルートはソラチカルートとも呼ばれ、多くの人がポイントアップのために活用しています。

 

せっかくためたポイントは旅や投資に使ったほうが有意義

旅する人はLINEポイントに交換してマイルへ

貯めたモッピーポイントを、そのまま現金や電子マネーに交換するのは手軽で良いのですが、それではあまりお得感がありません。

普段から旅行などを楽しまれるという方は、LINEポイントからマイルへと交換し、高い還元率でポイントを活用したほうが有意義でしょう。

 

投資した資産形成したいならTポイントへ交換

貯めたポイントを元手に、コツコツと資産形成していきたいという方は、Tポイントに変換してからネオモバイル証券で株を購入するルートも良いでしょう。

ポイントで気軽に株を購入できるため、リスクを抑えることもできます。

ポイントを投資に回すことができてそこから新たな資産を作っていけるのであれば、現金としてパッと使ってしまうよりもずっと意味があるものになるのではないでしょうか。

 

LINEポイントを例に交換手順を解説

最後に、例としてモッピーポイントをLINEポイントに変える交換手順を解説します。

ポイント

PCからでも申請は可能ですが、キャッシュバック額を入力する際に、LINEへログインする必要が出てくるため、普段からLINEを使っているスマホなどから申請したほうがスムーズです。PCでもLINEにログインできるよという方はPCでも問題ありません。

 

step
1
メニューで「交換」をクリック

まずは、スマホ上部のバーにある、メニューボタンをクリックします。

 

クリックすると、上記の画像のようなメニューが表示されるので、「交換」をクリック。

※上記画像は、スマホでの操作画面です。スマホからアクセスする場合は、「Safari」ブラウザを使用してください。

 

step
2
LINEポイントの「交換する」をクリック

「電子マネーに交換」の項目から、「LINEポイント」を探し、「交換する」ボタンをクリックする。

 

step
3
本人確認を行う

本人認証画面で、登録時に決めた「秘密のこたえ」を入力し、「本人確認」をクリックする。

 

step
4
ポイント交換のための番号をLINEへ通知

「同意して送信」をクリックします。

番号送信について

このLINEへの番号通知で、何らかの個人情報が漏れたり、友人に通知が行くようなことは一切ありません。番号自体もポイント交換のための匿名の番号ですので、安心して操作して大丈夫です。

 

step
5
キャッシュバックを申請するポイント額を選択

交換したいポイント数を選択し、「申請確認」をクリック。

確認画面が表示されるので、「上記の内容で申請する」をクリック。

 

step
5
確認メールのURLをクリック

その後、登録しているメールアドレスに「キャッシュバック申請確認」のメールが届くので、記載されているURLをクリックすれば申請完了です。

※すみません。画像作成したかったのですが、申請できるだけのポイントを持っていないので、再現できません。こちらの画像だけ省略させていただきます。

 

-Uncategorized

Copyright© bears , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.